レクサプロ

2012年10月28日

安古市 20%→15%

昨日の安古市高校説明会に行った方からの情報で、あわてて確認してみたのですが、
安古市高校の選抜Uで、学力重視(学力検査:内申点=8:2)の合格枠が、従来の20%から15%へと変更になったようです。

安古市高校の定員は全部で320名。
うち、選抜Tが20%の64名。
選抜U枠256名のうちの20%から15%ですから、51名から38名への減少です。
たった13名の変化ですが、この枠での合格を狙っていた人には死活問題です。

しかし、もともとこの枠を狙う人は博打を打つようなものとは、以前申し上げました。
より多くの覚悟と努力が必要となっただけでしょう。

昨日、安古市の先生がおっしゃっていたそうですね。
(また聞きなので、間違っていたらごめんなさい。)
「実力のある生徒に来てほしい」と。
高校側がそういっているのです。
安古市を希望する生徒は、全力で要望に応えられる努力をしてください。
それに自信がない人は、志望校を変えた方がいいでしょう。
posted by 塾長 at 19:44| Comment(2) | 高校受験について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、本当なのですか。
Posted by (*^◯^*) at 2012年12月01日 23:09
返信するのが遅れて、大変失礼しました。
この学力重視枠が15%であるのは本当のようです。

↓こちらでご確認ください。(PDF)
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/81180.pdf

「一般学力検査の成績を重視」の定員枠の欄が、安古市だけ15%になっているのが分かるかと思います。

この枠での合格を狙う受験生の方でしょうか。
道は険しいですが、とにかく頑張ってください。

Posted by 塾長 at 2012年12月07日 03:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。