レクサプロ

2012年11月05日

塾を休む理由

塾を休む時は、必ず連絡をください。
とは、ほとんどどこの塾でも、生徒・保護者にお願いしていることです。

私が電話を受けた時には理由も伺っています。

で、その理由のつけ方によって、成績が上がる生徒かそうでないかを大体判断できるようになりました。

塾を休まなくてはいけない時というのは、もちろんあるでしょう。
例えば、
・冠婚葬祭
・インフルエンザなどの指定感染症
・部活動などの試合・練習

ま、このあたりまでですね。
上の三つは、私から見ても「休まないといけない」理由です。

テスト前の土日補習などの時に、部活の練習試合より勉強を優先しようとする生徒がいますが、私自身がそれを禁じています。
なぜなら、周りに対する責任があるからです。
それをないがしろにすることを私は許しません。勉強以前の問題です。


さて、成績が伸びない塾を休む理由は、以下の二つです。

・「(今日は疲れた程度の)体調が悪い」
・「家の用事」

です。

体調が悪い時には休むのは常識のようですが、程度によりけりです。
もちろん高熱が出た場合などは、しょうがないですが、部活の試合が昼過ぎまであり、夜からの塾の授業は疲れたから行かない、というのは甘えですね。
本当に学力・成績が上昇する生徒は、多少体調が悪いくらいで休まないのです。
他の人が休む程の体調の悪さでも塾に来て、粛々と学習して、そして家で休むのです。
学力を上げることに喜びを見出し、それは自分が行動することで得られると感覚的にでもわかっている生徒は、休まないものです。

次に、「家の用事」は、もっとも私を困らせる言葉です。
以前、「先生、●曜日は家の用事で休みます」と私に伝えてきた生徒に対し、
「家の用事って何?」と聞いたところ、その生徒は、困った顔になって
「えっ、だって、お母さんがそう言えって言うから……」とつぶやきました。

そして、結局、その理由は家族で外食にでかける程度の用事だったりしたのです。

もちろん、私たち塾講師にはそれを許さないなんて権限はありません。
子どもに対して「そうか。行っておいで」と言わざるを得ません。

しかし、この場合、私たちが頭を悩ませるのは、保護者の方の行動です。
「家の用事」という言葉は、プライベートに関わる話で中身には立ち入ってはいけない、と暗にほのめかす言葉です。
で、その言葉を子どもに使いなさいと指示するのは、保護者の方も分かっているのでしょう。

それが「塾を休む理由として不適当だ」ということを。

で、誤魔化しにかかったわけですね。
まあ、私たちとしてはどうしようもありません。
それがその保護者の方の方針なのですから。
「家の用事」という言葉で誤魔化さないといけない程度の用事を、塾よりも優先するということなのでしょうから。

ただ、やはりそういう生徒は、成績が抜群に伸びるなんてことはありません。




posted by 塾長 at 15:27| Comment(0) | 塾長指導観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。